文字のサイズ
色変更
白
黒
青

Exhibitions

Exhibitions

印刷用ページ

GENKYO 横尾忠則

「現郷から幻境へ、そして現況は?」

《愛のアラベスク》2012年 作家蔵

横尾忠則(1936年生まれ)は、1960年代初頭よりグラフィック・デザイナー、イラストレーターとして活動を開始し、日本の土俗的なモティーフとポップ・アート的な感覚を融合させた独自の表現で注目されました。1980年代には「画家・芸術家」へと活動領域を移し、斬新なテーマと表現により作品を次々と発表し、高い評価を得ます。「原郷」とは、横尾の作品を理解する鍵であり、変幻自在な絵画世界を支えるイメージの源泉です。本展は、絵画やグラフィック作品を通して、横尾の生涯をたどり、その芸術の全貌を明らかにします。