文字のサイズ
色変更
白
黒
青

Exhibitions

Exhibitions

印刷用ページ

開催中の展覧会

gallery MAPO (ギャラリーマポ) 雪白(せつはく)

大分県立美術館OPAM2階の『gallery MAPO』。今年度第1回目の展示では雪白(せつはく)さんの作品をご紹介します。2020年のセンター企画展『あやなす ひかり』でも出展した雪白さん。パソコンや色々な画材を使った作品6点を展示しています。ぜひお立ち寄りください。

Period
2021年4月29日(木・祝) ~ 6月30日(水)
Venue
大分県立美術館 2階

More details

2021コレクション展I 大分、美の回廊

大分県立美術館は大分県出身やゆかりの作家を中心とした約5,000点にのぼる美術作品や資料を収蔵し、コレクション展や企画展を通してその魅力を発信しています。今回の展示では、コレクションの核である豊後南画、日本画の福田平八郎や髙山辰雄などの優品から、国内外で活躍する著名作家の作品まで、絵画、彫刻、版画、工芸など多岐に渡るジャンルを織り交ぜてご紹介します。豊かな自然環境とユニークな文化風土に培われた美の粋とともに、時代や地域性を映し出す彩り豊かなOPAMコレクションの数々による美の回廊を巡っていただければ幸いです。

Period
2021年5月18日(火)~7月12日(月)/前期 5月18日(火)~6月15日(火)/ 後期 6月17日(木)~7月12日(月)
Venue
大分県立美術館 3階 コレクション展示室

More details

佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在

大分県臼杵市に生まれた佐藤雅晴(1973-2019)は、日常風景をビデオカメラで撮影した後、パソコン上でペンツールを用いて慎重にトレースする「ロトスコープ」技法でアニメーションや平面の作品を創作。観る者に、現前に映る事物の実在感とともに、不確かさや儚さなどを感じさせる独特の世界観により、国内外で高い評価を受けるなか、45歳の若さで惜しまれながら亡くなりました。本展では、代表作の《Calling》《東京尾行》《福島尾行》など、佐藤の活動の全貌を紹介します。

Period
2021年5月15日(土)~6月27日(日)
Venue
大分県立美術館 1階 展示室A

More details