HOME

Exhibitions

コレクション展Ⅱ My Favorite Things 美術家たちのお気に入り

愛猫家として知られる彫刻家・朝倉文夫が猫をモチーフとした作品を数多く制作したように、身近な生き物や草花、風景などお気に入りのものを繰り返し作品のモチーフにした美術家たちは少なくありません。日本画家・福田平八郎にとっての魚、彫刻家・山本常一にとっての鳥、洋画家・中山忠彦にとっての西洋アンティーク衣装。いずれも彼らが繰り返し作品のモチーフとしたお気に入りですが、これらのモチーフとの出会いは、彼らにとってかけがえのないものとなり、その芸術を大きく飛躍させました。本展は、それぞれの美術家たちの創作の原点となったお気に入りのモチーフを紹介します。
また、「朝倉文夫生誕140周年記念 猫と巡る140年、そして現在」に関連した特集展示として朝倉文夫の二人の娘、摂と響子をはじめ、兄の渡辺長男や弟子の日名子実三など、朝倉文夫を取り巻く美術家たちの作品を紹介します

Period
2023年6月29日(木)~9月3日(日)
Exhibition Closed
2023年7月26日(水)
Venue
大分県立美術館 3階 コレクション展示室
Opening Hours
10:00~19:00
金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
Admission
一般 300(250)円
大学・高校生 200(150)円
※( )内は有料入場20名以上の団体料金
※中学生以下は無料
※大分県芸術文化友の会 びびKOTOBUKI無料、TAKASAGO無料、UME団体料金
※高校生は土曜日に観覧する場合は無料
※県内の小学・中学・高校生(これらに準ずる者を含む)とその引率者が教育課程に基づく教育活動として観覧する場合は無料
※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
※学生の方は入場の際、学生証をご提示ください
※開催中の企画展半券提示で1枚につき1回無料
Organizers
公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団・大分県立美術館
Inquiries
大分県立美術館 097-533-4500
福田平八郎《鮎》1952年

福田平八郎《鮎》1952年

福田平八郎《遊鯉》1921年寄託品

福田平八郎《遊鯉》1921年寄託品

正井和行《濤》1978年

正井和行《濤》1978年

モイーズ・キスリング《ミモザ》1945年

モイーズ・キスリング《ミモザ》1945年

江藤純平《オリーブと海》1978年

江藤純平《オリーブと海》1978年

中山忠彦《ターコイズブルー》2000年

中山忠彦《ターコイズブルー》2000年

山本常一《夜の証》1974年

山本常一《夜の証》1974年

髙山辰雄《牡丹》1995年

髙山辰雄《牡丹》1995年

朝倉響子《椅子》1977年

朝倉響子《椅子》1977年

朝倉 摂《幸せの外の不幸せ》1964年

朝倉 摂《幸せの外の不幸せ》1964年

  • アクセス
  • ご利用案内
  • このサイトについて
PCサイトを表示する

(ご意見、お問合わせ先)
大分県立美術館
〒870-0036 大分市寿町2番1号
TEL:097-533-4500 FAX.097-533-4567