文字のサイズ
色変更
白
黒
青

Exhibitions

Exhibitions

印刷用ページ

gallery MAPO (ギャラリーマポ) 薬師神文孝のアルミホイルの宇宙

出展作家:薬師神 文孝(やくしじん ふみたか)

豊後大野市犬飼町の自然豊かな小高い丘の上に、自閉症の人のための入所施設「めぶき園」があります。園で過ごす1日の活動には、生産活動・療育活動・クラブ活動といった様々なメニューがあります。

薬師神 文孝さんは生産活動「アート課」で、アルミホイルを使った不思議な創作を続けています。毎日毎日、職員とともに生みだされるこの表現は、まるで星の集まりがいつしか銀河になるように、静かに輝きながら広がりをみせています。

Period
2024年5月2日(木)~6月30日(日)
Venue
大分県立美術館 2F

More details

コレクション展Ⅱ「水の情景ー生々流転」

「没後50年 福田平八郎」展の開催にあわせて、その主要なモティーフである「水」に着目。
山野に降り注いだ雨が姿を変えながら大海へと移り変わっていくさまをさまざまなジャンルの作品でたどります。

Period
2024年6月7日(金)~7月18日(木)
Venue
大分県立美術館 3階 コレクション展示室

More details

没後50年 福田平八郎  ※《漣》 1932年 大阪中之島美術館 重要文化財 は 6/28-7/15 期間限定展示です

モダン、カラフル、チャーミング。
自然を見つめ、鮮やかに切り取る日本画家。待望の回顧展

大分市に生まれた福田平八郎(1892 –1974)は、18歳のとき京都に出て絵を学びました。自然を隅から隅まで観察した写実的な作品で評価を得たのち、昭和7年(1932)に《漣》(重要文化財、大阪中之島美術館蔵)を発表し、その大胆な挑戦で人々を驚倒させました。その後も《竹》(京都国立近代美術館蔵)や《雨》(東京国立近代美術館蔵)など、色や形、視点や構成に趣向を凝らした作品を制作し「写実に基づく装飾画」という新しい時代の芸術を確立しました。
没後50年の節目に開催する本展は、初期から晩年までの優品約100件を一堂に展示し、その魅力に迫ります。また「写生狂」を自称した画家の瑞々しい感動やユニークな目線を伝えるスケッチ類もあわせて紹介し、名作誕生の背景を探ります。
見るものに今も新鮮な驚きを与え、自然美への共感を誘う平八郎の清新な世界にどうぞご期待ください。

Period
2024年5月18日(土)~7月15日(月・祝)
Venue
大分県立美術館 3階 展示室B

More details