Exhibitions

北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦 
江戸東京博物館コレクションより

日本を代表する浮世絵の名作、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」は、青を使った鮮烈な色彩と大胆な構図で人々に強い衝撃を与えました。この時、北斎は70歳を越えていましたが、長い画業の中で不断の努力を重ねていました。一方の歌川広重はこの時30歳代後半。風景画を描くもヒット作のない一介の浮世絵師にすぎませんでした。北斎の大ヒットの陰で、広重はどのように自らの画風を打ち立てていったのでしょうか。これまでも北斎と広重の富士シリーズを展示する展覧会は開催されてきましたが、本展はより踏み込んだ解釈により、風景画で双璧をなす北斎と広重の挑戦をストーリー展開で浮き彫りにする試みです。江戸東京博物館の貴重なコレクションを通して、二人の浮世絵師のあくなき挑戦の数々を名品とともにご紹介します。

共催 大分合同新聞社、OBS大分放送
後援 大分県、大分県教育委員会、NPO法人大分県芸振、西日本新聞社、毎日新聞社、
J:COM大分ケーブルテレコム、エフエム大分、大分経済新聞

 

展覧会のみどころ
みどころ1  葛飾北斎「冨嶽三十六景」全点展示!  ※作品は期間を分けて展示されます

 葛飾北斎(かつしか・ほくさい 1760~1849)は長い画業のうちに春朗から宗理、北斎、戴斗、為一、画狂老人と名前を変え、摺物、読本、風景版画、肉筆浮世絵など幅広いジャンルで活躍した浮世絵師です。
 北斎の名作「冨嶽三十六景」は36図に好評で追加となった10図の計46図からなる風景画シリーズです。70歳を越えた時期の作品ですが、舶来の新しい青色の顔料、ベロ藍(プルシアンブルー)を用いた鮮やかな色彩と、躍動感のある大胆な構図は今なお高い人気を誇ります。本展では新千円札の絵柄にも使用される「神奈川沖浪裏」(展示期間:7/26(金)~8/12(月))を含め、会期中に期間を分けて全点が展示されます!

葛飾北斎 《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》 天保2年~4年(1831~33)頃 【7月26日~8月12日展示】 葛飾北斎 《冨嶽三十六景 凱風快晴》 天保2~4年(1831~33)頃 
【8月13日~9月2日展示】
葛飾北斎 《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》 天保2年~4年(1831~33)頃 【7月26日~8月12日展示】 葛飾北斎 《冨嶽三十六景 凱風快晴》 天保2~4年(1831~33)頃
【8月13日~9月2日展示】
みどころ2  北斎への挑戦状!?広重の旅情豊かな「新・風景画」 

​ 歌川広重(うたがわ・ひろしげ 1797~1858)は、定火消 (江戸幕府の職名のひとつで、消防の役割を果たした)の安藤家に生まれましたが、浮世絵師の歌川豊広に弟子入りし、20歳過ぎには作品制作を始めました。定火消との兼業で制作を続けますが30代半ばで遂に隠居し、その後に刊行した「東海道五拾三次之内」でブレークを果たしました。
 広重の名作「東海道五拾三次之内」は、「冨嶽三十六景」の刊行が終了したすぐ後に始まりました。江戸と京都を結んだ東海道の53の宿場を描いたこの風景画シリーズは、風景に季節や時間、天候の移ろいの描写を加えることで旅人の心情までも感じ取れるような作風が風景画の新機軸として評価され、人気を獲得しました。
 「東海道五拾三次之内」中の富士山を描いた作品や、他シリーズで「深川万年橋」など北斎と同じ場所を描いた作品には、広重による北斎作品への意識が感じられます。ぜひ風景版画の双璧・北斎と広重の作品をこの機会に比較して見てください!

歌川広重 《東海道五拾三次之内 庄野 白雨》 天保5~7年(1834~36)頃  江戸東京博物館蔵【8月20日~9月8日展示】 歌川広重 《東海道五拾三次之内 原 朝之冨士》 天保5~7年(1834~36)頃 江戸東京博物館蔵 【8月20日~9月8日展示】
歌川広重 《東海道五拾三次之内 庄野 白雨》 天保5~7年(1834~36)頃 江戸東京博物館蔵【8月20日~9月8日展示】 歌川広重 《東海道五拾三次之内 原 朝之冨士》 天保5~7年(1834~36)頃 江戸東京博物館蔵 【8月20日~9月8日展示】
みどころ3  大分会場独自の展示コーナーで歌川豊春などもご紹介!

 本展では大分県立美術館のみの独自コーナーも計画中!豊後臼杵(現大分県臼杵市)出身説のある歌川派の開祖・歌川豊春(うたがわ・とよはる 1735~1814)の作品もご紹介いたします。こちらもぜひお見逃しなく!

「江戸東京博物館コレクションより 北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦」 開催記念メニュー

赤富士カレー 1,280円(税込)

葛飾北斎「冨嶽三十六景」よりインスピレーションを受け、赤いピラフとシーフードグリーンカレーを取り合わせました。
暑い季節にもピッタリのメニューです。ぜひこの機会にお召し上がりください!

※7月26日(金)より2階カフェシャリテにて提供を予定しております。

associated event

© 2015 Oita Prefecture, All rights reserved.