イベント&プログラム

「朝倉文夫生誕140周年記念 猫と巡る140年、そして現在」関連イベント
「穴井豪/ダンス・コンセントレーション『身体で視る展覧会』」
  • event date
    2023年7月29日(土)
  • holding time
    ①15:00〜15:10/②16:00〜16:10/③17:00〜17:10/④19:30〜19:50
  • Venue
    大分県立美術館 ①1階 アトリウム/②③④1階 展示室A
  • entry fee
    無料(申込不要、②③④は要展覧会観覧券)
  • 募集期間
    申込み不要当日参加可

「朝倉文夫生誕140周年記念 猫と巡る140年、そして現在」の関連イベントとして、「朝倉文夫生誕140周年記念 猫と巡る140年、そして現在」の会場でコンテンポラリーダンスパフォーマンス「穴井豪/ダンス・コンセントレーション『身体で視る展覧会』」を開催します。
美術作品が展示されたインスタレーション空間とパフォーミング系アートが出会う、大分県立美術館のコンセプトである「出会いと五感のミュージアム」を体現する取り組みです。
ぜひ、ご鑑賞ください。

出演:コンテンポラリーダンサー 穴井豪

穴井豪 略歴

ダンスアーティスト、振付師、俳優

東京都在住

1980年大分県出身。

高知大学理学部卒 大学在学中にダンスを始め卒業後に上京。

2004年~
日本を代表するコンテンポラリーダンスグループLeni-Basso(北村明子主催)のメンバーとして創作、公演活動に参加、17ヶ国で舞台に立つ。

2009年フリーランスに。
ミュージカルではミッシングボーイズ、ロミオとジュリエット初演などに出演。

2014年より振り付け活動をスタート
オフブロードウェイミュージカル
アルターボーイズやアーティストコンサートなどを振り付け、出演。

2015年
話題作”スーパー歌舞伎Ⅱワンピース”の振り付けを担当。
同時に俳優のキャリアをスタートする。

2018年
10月皇室行事 国民文化祭大分の
オープニングステージ総合演出、振り付けを担当
芥川賞作家 小野正嗣氏の脚本を元に
映像、芝居、ダンス、音楽、バトン、
伝統芸能を融合した舞台を制作し好評を得る。

2019年
スーパー歌舞伎Ⅱ新版オグリ振り付け、出演

2022年 東アジア文化都市 閉幕行事 舞台
"ムジカと生きる"にて大分の歴史を新たな観点から舞台作品にする。

現在
自身の作品ではその空間でしかできないスタイリッシュな振り付け作品を製作。
ダンサーも空間もその個性と良さを最大限に引き出すように心がけるとともにその世界観を探求している

© 2015 Oita Prefecture, All rights reserved.