文字のサイズ
色変更
白
黒
青

教育普及

教育普及

印刷用ページ

レクチャー

お話しと体験。知ることと、やってみること、合わせてやると、なお楽しい。

プログラムのご案内


金曜講座 みる、つくる、かんじる「夜のおとなの金曜講座・お話から体験まで」2021年10月

開催日 2021年10月22日(金) ~ 10月29日(金)​
会 場 2階 アトリエ
定 員 15人
参加費 無料
内 容 日常の中にある美術や美術作品のお話会です。ほんのひととき、美術館ですごしてみませんか。

詳細ページへ

色材パフォーマンス「白をつくる」【要事前申込10/5〆切】2021年10月

開催日 2021年10月23日(土)​
会 場 2階 アトリエ
定 員 5人
参加費 無料
内 容 色材パフォーマンスは教材ボックスの制作や絵の具の成り立ちをみなさんに見てもらう、実演パフォーマンスです。何が起こるかわからない!詳しい内容は来てのお楽しみです♡

詳細ページへ

其の一「花の色を視る~科学者と表現者の視点から」~未知っち、見ちっち vol.Ⅱ Color & Science

開催日 2021年11月6日(土)​
会 場 大分県立美術館 2階 アトリエ・体験学習室
定 員 30人
参加費 無料
内 容 講師:村井良徳(国立科学博物館/植物化学、環境適応学)× 古屋絵菜(染色家)

人間の眼と昆虫の眼。そして科学者の眼と表現者の眼。それぞれの“眼”によって花の色はどのように映っているのでしょう。高山植物をはじめとした植物が作り出す化学物質の多様性と機能を探る村井良徳さんと、花を描くときに徹底的に観察するのはもちろん、ピンセットで分解して細かく見たり、口に含んだりするなど、五感で花を感じ取るという古屋絵菜さんの、二人の視点のお話です。

詳細ページへ

其の二「花の色を科学する~結晶標本が語る色素の魅力」~未知っち、見ちっち vol.Ⅱ Color & Science

開催日 2021年11月13日(土)​
会 場 大分県立美術館 2階 アトリエ・体験学習室
定 員 30人
参加費 無料
内 容 講師:水野貴行(国立科学博物館/生物有機化学、園芸学)× 榎本寿紀(大分県立美術館)

花は昆虫や鳥などに受粉してもらうための目印の役割を果たしています。そのため、花には様々な工夫が凝らされています。花の色彩のフシギに挑む水野貴行さんに花に含まれる色素の話や、実際の研究で行われる「花の色の測定」や「花の色の再現実験」についてお話を伺います。そんな話は難しそう? そこは大丈夫。OPAM教育普及の榎本寿紀が、質問しまくります。

詳細ページへ

金曜講座 みる、つくる、かんじる「夜のおとなの金曜講座・お話から体験まで」2021年11月

開催日 2021年11月19日(金)​
会 場 2階 アトリエ
定 員 15人
参加費 無料
内 容 日常の中にある美術や美術作品のお話会です。ほんのひととき、美術館ですごしてみませんか。

詳細ページへ

其の三「色を探る・色を考える~歴史・科学・実践から綿臙脂を視る」~未知っち、見ちっち vol.Ⅱ Color & Science

開催日 2021年11月21日(日)​
会 場 大分県立美術館 2階 アトリエ・体験学習室
定 員 30人
参加費 無料
内 容 講師:沓名貴彦(国立科学博物館/材料工学・保存科学)×沓名弘美(絵画技法材料研究家・日本画家)

綿臙脂は、化粧品や絵の具、染料などに用いられた赤い色材です。古くは正倉院に記録が残り、古代から近代にかけて東アジアを中心に広く使われていましたが、明治以降は合成染料の普及で製造が途絶えてしまいました。この綿臙脂はどのように作られていたのでしょう。アジアの熱帯雨林に生息するラックカイガラムシを原料に、中国で作られていたという綿臙脂の歴史と文化、色彩とその再現について、「科学者の視点」「絵描きの視点」という二つの視点から迫ります。

詳細ページへ

てんてん講座 みる、つくる、かんじる「朝のおとなの1010[てんてん]講座・お話から体験まで」2021年11月

開催日 2021年11月28日(日)​
会 場 2階 アトリエ
定 員 15人
参加費 無料
内 容 夜はちょっと参加出来ない…。そんな声にお応えして、朝10:10からの美術講座。美術の世界に親しみやすくなるワークショップ・レクチャーです。

詳細ページへ

其の四「“白”から考える生命の色さがし」~未知っち、見ちっち vol.Ⅱ Color & Science

開催日 2021年12月4日(土)​
会 場 大分県立美術館 2階 アトリエ・体験学習室
定 員 30人
参加費 無料
内 容 講師:真鍋真(国立科学博物館/古脊椎動物学)× 佐野藍(彫刻家)
恐竜はいったいどのような色をしていたのでしょう。そして空想上のドラゴンはどのような色だったのでしょう。「真っ白い個体は必ず存在するはず!」という恐竜博士の真鍋真先生と、イメージとともにプロポーションやムーブメントを追い続けるため白い大理石を見つめて彫り続ける彫刻家・佐野藍さんによる対談です。「未知っち、見ちっち vol.Ⅱ Color & Science」の最終回、科学者の視点と彫刻家の視点が交差します。

詳細ページへ