文字のサイズ
色変更
白
黒
青

展覧会

展覧会

印刷用ページ

アート&デザインの大茶会

マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ

『おおいた大茶会』をテーマに開催される第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会を記念し、大分県立美術館では、開館当初より親しまれているアトリウム展示をてがけた三人の作家、マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイによるインスタレーションに特化した展覧会を行います。アートとデザイン、それぞれの分野における第一線の活動をご紹介します。
開館当初から大分県立美術館が目指す、「出会いと五感のミュージアム」。そして国民文化祭のテーマである「大茶会」。この二つのコンセプトのもと、五感にうったえ、人と作品の出会う、センセーショナルな現代版大茶会をお届けします。

会期
2018年6月15日(金)~7月22日(日)
会場
1階 展示室A

展覧会の詳細

コレクション展Ⅱ「内なるものを見つめて」

人間の内面を様々に表現した作品を通して、心に癒しをもたらす美術の魅力をご紹介します。

会期
2018年6月8日(金)~7月31日(火)
会場
3階 コレクション展示室

展覧会の詳細