Exhibitions

国立国際美術館コレクション 現代アートの100年 ハロー、アート!世界に夢中になる方法

国立国際美術館は、1977年より、国内外の優れた現代美術を発信する美術館として、収集・保管・展示活動を行ってきました。本展は、その名品・優品を国内各地において紹介する巡回展として、広島に続き、大分で開催されます。ポール・セザンヌに始まり、ヴァシリー・カンディンスキーやマルセル・デュシャンらによる抽象絵画や概念芸術の動き、第二次世界大戦後に登場するポップアートや新しい表現様式、さらには多様化する2000年以降のアートまで、大きく変容する100年余りの美術の流れを4つの章で辿ります。
独創的な作品の数々は、それぞれの時代における最新の「現代アート」。展示室では時代や地域を越えて、ひとつひとつの個性が私たちの感性を刺激します。今、あなたにとって心に響く作品を見つけることは、あなたらしい美術の楽しみ方の第一歩です。アートを通して世界に夢中になる。本展がそんなきっかけになれば幸いです。

Period
6月11日(土)~8月21日(日)
Venue
大分県立美術館 1階 展示室A

More details

2022コレクション展Ⅰ コレクションの精華

大分県立美術館は大分県出身やゆかりの作家を中心とした約5,000点にのぼる美術作品や資料を収蔵し、年間を通してその魅力を発信しています。本展では、「コレクションの精華」と題して、令和3年度新収蔵となった染織家・古澤万千子の着物や、修復を終えて初公開となる福田平八郎の≪雲≫(第6回日展出品作)など、新たな収蔵品を交えながら、様々なジャンルからOPAMコレクションの名品をご紹介します。

Period
2022年4月15日(金)~7月11日(月)
Venue
大分県立美術館 3階 コレクション展示室

More details

gallery MAPO (ギャラリーマポ) 大倉 薫

新年度1発目の『gallery MAPO(ギャラリーマポ)』では、日田市在住の大倉 薫さんの作品を紹介します。小さい頃から絵本や漫画、アニメやゲームなどから、たくさんの影響を受けてきた大倉さん。2015年からオリジナル漫画「メロディポップス♪」を描きはじめ、現在では140ページに及ぶ大作に。音楽使いたちが暮らす「メロディランド」で起こる、個性豊かで愉快なキャラクターたちが活躍する物語を、ぜひお楽しみください。

出展作家 大倉 薫(おおくら かおる)

Period
2022年5月3日(火・祝)~6月30日(木)
Venue
大分県立美術館 2階

More details

© 2015 Oita Prefecture, All rights reserved.