展覧会

今後の展覧会

2018春季大分県美術展

2017春季大分県美術展

写真展   2018年5月15日(火)~5月20日(日)
日洋彫工展 5月22日(火)~5月27日(日)
書道展   5月29日(火)~6月3日(日)

時間
10:00~19:00(金・土曜日は20:00)
※最終日16:00まで(5月20日、27日、6月3日)

会期
2018年5月15日(火)~6月3日(日)
会場
1階 展示室A

展覧会の詳細

コレクション展Ⅱ「内なるものを見つめて」

人間の内面を様々に表現した作品を通して、心に癒しをもたらす美術の魅力をご紹介します。

会期
2018年6月8日(金)~7月31日(火)
会場
3階 コレクション展示室

展覧会の詳細

アート&デザインの大茶会

マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ

『おおいた大茶会』をテーマに開催される第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会を記念し、大分県立美術館では、開館当初より親しまれているアトリウム展示をてがけた三人の作家、マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイによるインスタレーションに特化した展覧会を行います。アートとデザイン、それぞれの分野における第一線の活動をご紹介します。
開館当初から大分県立美術館が目指す、「出会いと五感のミュージアム」。そして国民文化祭のテーマである「大茶会」。この二つのコンセプトのもと、五感にうったえ、人と作品の出会う、センセーショナルな現代版大茶会をお届けします。

会期
2018年6月15日(金)~7月22日(日)
会場
1階 展示室A

展覧会の詳細

人間・髙山辰雄展 森羅万象への道

日本画家・髙山辰雄(1912-2007)は、自然と人間の深いつながりや、そこに横たわる生命の尊厳について思慮し、それを自身の精神的な土壌として制作を重ねた作家です。

本展は、髙山辰雄が画家として生き、人として思考をめぐらすことによって生み出した作品を通じ、人間・髙山辰雄を浮き彫りにしようとする試みです。本展は、その80余年にわたる画業を回顧し、郷里の大分県立美術館の所蔵作品を核として、大分市立美術館など各所蔵者のご協力をいただき、はばひろく作品をご紹介いたします。

会期
2018年7月7日(土)~8月19日(日)
会場
3階 展示室B

展覧会の詳細

第36回髙山辰雄賞ジュニア美術展

第35回髙山辰雄賞ジュニア美術展
提供:大分合同新聞社

会期
2018年8月8日(水)~8月12日(日)
会場
1階 展示室A

展覧会の詳細

第54回大分県美術展

写真展 2018年9月4日(火)~9月9日(日)
日洋彫工展 9月11日(火)~9月16日(日)
書道展 9月18日(火)~9月23日(日)

時間
10:00~19:00(金・土曜日は20:00)
※最終日16:00まで(9月9日、16日、23日)

会期
2018年9月4日(火)~9月23日(日)
会場
1階 展示室A 3階 展示室B

展覧会の詳細

日本モダンの精華 京都国立近代美術館コレクション

京都国立近代美術館が所蔵する近現代の日本美術の名品を多数紹介し、歴史と伝統が育んできた京文化の精華を紹介します。また同館に収蔵されている「首藤コレクション」についても一部展示します。

会期
2018年9月28日(金)~10月21日(日)
会場
3階 コレクション展示室

展覧会の詳細

おおいた美術散歩 OPAM & 豊の国

「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」開催に際し、同文化祭が県内を5つのブロックに分け、それぞれテーマを設定して事業展開するのに合わせて、各ブロックの市町村や文化施設等の協力を得ながら、地域の特色ある美術資料を紹介し、「おおいたの美術」の多様さと層の厚さをひろく県内外に発信します。さらに、県内各地を巡回することにより、より多くの県民が「おおいたの美術」に親しむ機会を提供します。

会期
2018年10月2日(火) ~ 11月25日(日)
会場
3階 展示室B

展覧会の詳細

「海と宙(そら)の未来」展

JAXA(宇宙航空開発機構)とJAMSTEC(海洋研究開発機構)の初めての共同企画として、宇宙探査や海洋開発のこれまでの成果と今後の展望を模型や映像、資料パネル類で紹介し、最先端の科学技術にふれあう機会を提供します。

会期
2018年10月2日(火)~11月25日(日)
会場
1階 アトリウム/特設会場 3階 コレクション展示室

展覧会の詳細

国宝、日本の美をめぐる 東京国立博物館名品展

文化庁や東京国立博物館の協力のもと、国宝、重要文化財を含む名品を多数展示し、わが国の歴史と文化が育んできた美の精華を紹介します。

会期
2018年11月2日(金)~11月25日(日)
会場
3階 コレクション展示室

展覧会の詳細

現代アートの宝箱 OPAM利岡コレクション

コレクター利岡誠夫が、現代アートへのあくなき好奇心と探究心をもって蒐集してきた作品を一堂に会し、美とともにあるくらしに想像力をふくらませます。

会期
2018年12月8日(土)~2019年1月20日(日)
会場
3階 展示室B

展覧会の詳細

黄金とミイラが伝える 古代アンデス文明展

今もなお多くの謎を秘めた古代アンデス文明の技術や生活様式などを、仮面やミイラなどを含めた約200点の選び抜かれた貴重な資料によって紹介します。

会期
2019年3月8日(金)~5月6日(月)
会場
1階 展示室A

展覧会の詳細

第38回大分県ジュニアデザイン展

会期
2019年3月19日(火)~3月24日(日)
会場
3階 展示室B

展覧会の詳細

© 2015 Oita Prefecture, All rights reserved.