Exhibitions

おおいた美術散歩 OPAM & 豊の国

大分県内を5つのブロックに分け、各ブロックの特色ある美術資料を紹介。

10~11月に開催の「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」では、大分県内を5つのブロックに分け、それぞれの特徴を表すテーマを設け、様々な芸術文化の取り組みが行われます。大分県立美術館では、市町村や文化施設などと連携しながら、各ブロックの特色ある美術資料を紹介し、「おおいたの美術」の多様さと層の厚さをご覧いただきます。
また、大分県立美術館での会期終了後には、一部展示作品を変更し、宇佐市、臼杵市、中津市の大分県内3ヵ所で開催します。より多くのみなさまに「おおいたの美術」に親しむ機会を提供します。

[共催]大分合同新聞社、TOSテレビ大分
[後援]大分県、大分県教育委員会、大分県民芸術文化祭実行委員会、大分県芸術文化振興会議、西日本新聞社、NHK大分放送局、エフエム大分、大分ケーブルテレコム株式会社
[助成]一般財団法人地域創造

[チケット(前売り券・当日券) 販売場所]
大分県立美術館、iichiko総合文化センター 1F インフォメーション、大分合同新聞社本社受付・同プレスセンター、TOSハウジングメッセ、トキハ会館 3F プレイガイド、豊後プロパン「ビートパワー」、ヱトウ南海堂、大分市府内五番街商店街振興組合、大分県芸術文化振興会議、大分県職員消費生活協同組合、ローソンチケット、チケットぴあ

associated event

© 2015 Oita Prefecture, All rights reserved.