文字のサイズ
色変更
白
黒
青

イベント&プログラム

イベント&プログラム

印刷用ページ

Doris Uhlich ワークショップ「ユニヴァーサル・ダンサーズ」
Universal Dancers
  • 開催日
    6月8日(水)、9日(木)※2日間連続ワークショップ
  • 時間
    各18:30~20:30
  • 対象
    16歳以上、ダンス経験不要
  • 定員
    20名
  • 会場
    大分大学 旦野原キャンパス(大分市大字旦野原700番地)
  • 参加費
    無料
  • 募集期間
    2016年5月20日(金) ~ 6月7日(火)
  • 申込み方法
    件名にワークショップ名、本文にお名前、ご連絡先電話番号を記入の上、メールまたは電話でお申し込みください。定員に達し次第、募集を締め切ります。
     メール:info@opam.jp
     電話:097-533-4500(月~金の9:00~18:00)

近年、その代表作《more than naked》(naked=ネイキッド=裸そのもの、素になること)によって爆発的な評価をヨーロッパで獲得し、主要なコンテンポラリー・ダンス誌において“重要な存在”と称されるウィーンのアーティスト。
身体を“動き”と“変化”の震央ととらえ、ダンスによってエネルギーを伝達。
展覧会場では、これまでの彼女の公演の様子を映像で紹介します。
6月11日(土)、12日(日)は、日本初公演となるパフォーマンスが会場内ステージで披露されます。

パフォーマンス「ユニヴァーサル・ダンサー OPAMバージョン Universal Dancer / OPAM Version」
音響:ボリス・コーペニング 制作アドバイザー:丸岡 由枝
※パフォーマンスの鑑賞には展覧会観覧券を購入する必要があります。お申し込みは不要です。

ドリス・ウーリッヒ Doris Uhlich
1977年、オーストリア生まれ。ウィーン在住。2002年から2009年にかけてコンテンポラリー・ダンスのための教育学をウィーン音楽院で学び、2006年までtheatercombinatに所属。以降、自身のプロジェクトを手がけ、現在に至るまで主要なコンテンポラリー・ダンス誌において重要なアーティストと称される。肉体の動きを軸に《more than enough》、《Rizing Swan》、《more than naked》等数多くの作品を発表。2015年よりウィーン国立音楽大学のMax Reinhardt Seminarで教鞭をとる。