文字のサイズ
色変更
白
黒
青

イベント&プログラム

イベント&プログラム

印刷用ページ

Tone Fink ワークショップ「紙のもけい ハトをつくろう」
pattern - and pigeons building
  • 開催日
    6月18日(土)
  • 時間
    13:30~16:30
  • 定員
    15名
  • 会場
    TSG竹田総合学院(竹田市大字植木731)
  • 参加費
    無料
  • 募集期間
    2016年5月20日(金) ~ 6月17日(金)
  • 申込み方法
    件名にワークショップ名、本文にお名前、ご連絡先電話番号を記入の上、メールまたは電話でお申し込みください。定員に達し次第、募集を締め切ります。
     メール:info@opam.jp
     電話:097-533-4500(月~金の9:00~18:00)

ウィーンを中心とした活動で、長いキャリアを持ち、非常に高い評価を得ているアーティスト。
型にはまらず、のびのびとして、かつ激しい野生的激情に満ちた絵画やアニメーション、またパピエ・マシェ(紙を溶かして固めたもの)による彫刻や仮面などを使って、即興的で強烈なパフォーマンスを展開。
1960年代から展開し続けるウィーン肉体派の伝統を、現代化し続けている極めてユニークな存在。
展覧会場には、アニメーションやドローイング、パピエ・マシェを展示予定。
6月11日(土)、12日(日)は、本展用の新作パフォーマンスを展覧会場内ステージで披露します。
6月18日(土)は、竹田市でワークショップを行います。

パフォーマンス「ぼくの紙の微笑み:光、動、陰 light, movement and shadow of my paper - smile」
共演者:シャンタイル・ドーン
※パフォーマンスの鑑賞には展覧会観覧券を購入する必要があります。お申し込みは不要です。

トネ・フィンク Tone Fink
1944年オーストリア、シュヴァルツェンベルクに生まれ、ウィーン美術アカデミーで学ぶ。ウィーンとフォアアールベルク州に在住。ドローイング・絵画・紙の立体作品等、主に紙を媒体とした作品や、パフォーマンス、映像作品などを手がけるアーティスとして活躍。ザルツブルク、International Summer Academy of Fine Artsで教鞭をとる。ウィーン市によるStadt Wien für bildende Künste等受賞。アルベルティーナ、近代美術館(ウィーン)等、オーストリア国内の美術館の他、ザルツブルク、ベルリン、バーゼル等ヨーロッパを中心に個展を開催。